結婚式の思い出

感動の手紙…?

投稿日:

披露宴のクライマックスでもある「新婦の手紙」の思い出です。

式場の中央で列席者を背にしてスポットライトに照らされた私の手には、3枚の手紙が握られていました。

スタッフに誘導されて立っている私の隣に新郎である彼の姿がありません。

振りかえると、斜め後ろで涙ぐみながら立っています。

新郎は新婦の隣でハンカチを用意して寄り添っているものだろうと、内心思いながら手紙を読み始めた私でした。

子供時代の思い出や心からの感謝の気持ちを綴った手紙を読んでいる最中に、斜め後ろからすすり泣く声が漏れ聞こえてきました。

なんと私が泣くよりも先に新郎が泣いていて、そんな状況に私の涙は消えてなくなりました。

初めは涙をこらえるように、言葉に詰まりながら読んでいた私でした。

しかし次第に早く終わらそうという気持ちになり、スラスラと感情のこもらない読み方になっていきました。

なおかつ白い手袋をしたまま読んでいたので、手紙をめくるのに手間取っていた私は、焦る気持ちで感動もなにもありませんでした。

準備の段階で立ち位置などの細かい確認や一通りの流れを実際にするべきだったと後悔しています。

そして、自分の中で当たり前だと思っていることも確認して本番に備えるべきでした。

結果、母が号泣してくれたことは良かったと思えました。

-結婚式の思い出

Copyright© おすすめブライダルエステ , 2017 AllRights Reserved.